• ホーム
  • 若者に多い性感染症のヘルペスと尖圭コンジローマについて

若者に多い性感染症のヘルペスと尖圭コンジローマについて

クラミジア以外に若年層の間で感染者が増加している性病として、ヘルペスと尖圭コンジローマがあります。いずれもウイルスに感染して発症する病気で、クラミジアや淋病のように抗生物質で治療をすることができません。ヘルペスの病原体は単純ヘルペスウイルスで、1型と2型の2種類があります。尖圭コンジローマの病原体はヒトパピローマウイルスの一種で、皮膚に感染して増殖をすると良性の腫瘍(イボ)ができます。

ヘルペスは世界的に感染者数が多いことで知られていて、WHOが公表したデータによると全世界で50歳未満の人のうち37億人が1型のウイルスに感染していると推定されています。ヘルペスウイルスは神経節に潜伏して普段は無症状ですが、免疫力が弱くなると活性化して性器や口内・唇などに水ぶくれを発症します。水ぶくれは1~3週間で自然治癒しますが、この間は強い痛みを感じます。治癒した後もウイルスは神経節の中に残留し続けるので、何度も再発する場合があります。一度ウイルスに感染すると体内の病原体を死滅させることができず、生涯にわたり感染した状態が続きます。

ヘルペスは放置しても1~3週間ほどで自然治癒しますが、抗ウイルス薬を服用すると短期間で治癒させることができます。ヘルペスの治療薬として、ゾビラックス錠という内服薬があります。ゾビラックスの有効成分は世界初の抗ウイルス薬のアシクロビルで、治癒を早めることができます。現在はアシクロビルを改良したバラシクロビルを有効成分とする、バルトレックスが用いられています。バラシクロビルは服用回数が少なくて済み、再発を防ぐ働きもあります。

ヘルペスを自分で治療したい場合は、バルトレックスのジェネリック医薬品のセントレックスを通販で海外から個人輸入して入手する方法もあります。セントレックスはバルトレックスと同じ効果を持ちますが、ジェネリック医薬品なので安価で購入できます。

尖圭コンジローマは発症すると皮膚の表面にイボができますが、無痛性の場合が多いです。それでもイボから出血をしたり、性交時に痛みを感じる場合があります。イボは良性腫瘍なので放置しても悪性化することはありませんが、性交時にパートナーに感染させてしまう恐れがあるので早めに治療をする必要があります。

尖圭コンジローマは、イミキモドを有効成分とするベルセナクリームで治療をすることができます。1日おきに就寝前にクリームを患部に塗り、起床後に洗い落とします。治療期間は16週間で、ウイルスを死滅させることができます。ベルセナクリームは医療用医薬品なので一般向けに販売されておらず、病院で処方してもらう必要があります。

自分で尖圭コンジローマを治したい場合は、ベルセナクリームのジェネリック医薬品のイミキアドクリームをネット通販を利用して個人輸入して使用する方法があります。イミキアドクリームの使用方法はベルセナクリームと同じで、1日おきに就寝時に患部に塗って治療をします。

ヘルペスと尖圭コンジローマはいずれも性器の皮膚に発症し、性行為などの際に直接接触をすると相手に感染します。性交経験の低年齢化に伴い、最近は若年層でこれらの病気の感染者が増加しています。水ぶくれやイボに触れるとウイルスに感染してしまいますが、コンドームを着用することで感染を防ぐことができます。

関連記事
クラミジアを撃退するジスロマックにはジェネリックのアジーもある! 2019年09月20日

クラミジアは治療薬で完治させることができ、マクロライド系の抗生物質のアジスロマイシンが有効です。クラミジア治療ではアジスロマイシンを有効成分とするジスロマックという薬が第一選択薬で、約9割が完治します。ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分としたマクロライド系抗生物質の先発品です。1回の服用で1...

細菌感染症に強い有効性を誇るミノマイシン 2019年11月08日

現在はクラミジアの治療薬としてジスロマック(アジスロマイシン)が使用されますが、昔はミノマイシンという薬(内服薬)が使用されていました。ミノマイシンには主成分としてテトラサイクリン系抗菌剤のミノサイクリン塩酸塩が使用されていて、強力な抗菌作用を持つ抗生物質です。ミノマイシンの抗菌作用は強く、皮膚科・...

男性がクラミジアに感染した場合はどうなるのか? 2019年12月09日

女性はクラミジアに感染しても大半の人が自覚症状が出ないことから、男性よりも女性のほうが感染者数が多いという特徴があります。病原菌が女性の生殖器に感染すると早産や流産の危険性があることが知られていますが、男性の場合も放置すると重い症状が出るので注意が必要です。男性がクラミジアに感染して発病すると、尿道...

実はビブラマイシンでニキビ治療もできる! 2019年11月24日

クラミジア治療の際にマクロライド系抗生物質が使用されますが、テトラサイクリン系抗生物質でも治療をすることができます。塩酸ドキシサイクリンはテトラサイクリン系抗生物質のひとつで、ビブラマイシンという薬の有効成分に使用されています。塩酸ドキシサイクリンは多くの種類の細菌に対して殺菌効果を持ち、性器クラミ...

クラビットとレボクインは淋病も治せるって知ってた? 2019年10月20日

淋病もクラミジアと同じように性行為によって感染する性病で、病原菌が泌尿器や生殖器に感染して炎症を起こす病気です。淋病はクラミジアと感染経路がよく似ていることから、クラミジアと併発をすることが少なくありません。ジスロマックはクラミジアに対して高い治療効果を発揮しますが、淋病に対する効果は期待できません...