• ホーム
  • 男性がクラミジアに感染した場合はどうなるのか?

男性がクラミジアに感染した場合はどうなるのか?

女性はクラミジアに感染しても大半の人が自覚症状が出ないことから、男性よりも女性のほうが感染者数が多いという特徴があります。病原菌が女性の生殖器に感染すると早産や流産の危険性があることが知られていますが、男性の場合も放置すると重い症状が出るので注意が必要です。男性がクラミジアに感染して発病すると、尿道炎を起こしたり生殖器が腫れて不妊症になる恐れがあります。

男性がクラミジアに感染した場合の症状は女性の場合とは違い、1~3週間程度の潜伏期間を経てから排尿時に軽い痛みなどの自覚症状が出ます。ただし感染者のうち5~6割の人は無症状で、この段階では病気に気づかない人が多いです。病気に気づかずに治療しないで放置すると、生殖器に感染が拡大して精巣上体炎を起こします。重症化すると、男性でも不妊症になる恐れがあります。何年も発症しないケースがありますが、放置し続けても自然治癒することはありません。

クラミジアの症状は男女で違いがあるので、同じ感染症にかかっていることに気がつかずに発見が遅れてしまうケースが多いです。男性と女性の体の構造には違いがあるため、潜伏期間の違いや発症した時の特徴を知っておくことが大切です。

治療薬で完治させることができる病気ですが、治癒した後に終生免疫を獲得することができません。そのため、再び感染をすると病気が再発してしまいます。パートナーに病気をうつしてしまい、自分だけが治療をした後に再びパートナーから病気をうつされて再発をするピンポン感染のリスクがあります。ピンポン感染が原因で、クラミジアの治療後に病気が再発してしまう場合が少なくありません。

クラミジア以外の性病も、治療した後に再感染が原因で再発をする伝染病が存在します。近年は男女ともに、トリコモナスや梅毒に感染して発病するケースが増えています。これらの感染症についても、再感染すると病気が再発するので注意が必要です。これらの病気も感染後に無症状の潜伏期間があり、この間に他の人にうつしてしまう場合があるので要注意です。

性病の中には、腟カンジダのように放置しても自然治癒するものがあります。それでもクラミジアやトリコモナス・梅毒などの多くの伝染病は腟カンジダとは違い、放置し続けても自然治癒することがありません。無症状の潜伏期間でも他の人に伝染させる恐れがあるので、複数の相手と性行為をする人は定期的に検査を受けることが大切です。もしも感染していることが判明した場合には、パートナーの男性にも知らせて一緒に治療を受けて完治させるようにしましょう。

クラミジアに感染した場合でも男性の5~6割、女性の8割が無症状です。このため病気に気づかずに放置されるケースが多く、感染が拡大する原因になっています。男性がクラミジアに感染して放置しても自然治癒することはなく、重症化したりオーラルセックスなどで女性の咽頭部に感染をさせてしまう恐れがあることを理解しておきましょう。

関連記事
若者に多い性感染症のヘルペスと尖圭コンジローマについて 2020年01月05日

クラミジア以外に若年層の間で感染者が増加している性病として、ヘルペスと尖圭コンジローマがあります。いずれもウイルスに感染して発症する病気で、クラミジアや淋病のように抗生物質で治療をすることができません。ヘルペスの病原体は単純ヘルペスウイルスで、1型と2型の2種類があります。尖圭コンジローマの病原体は...

クラミジアを撃退するジスロマックにはジェネリックのアジーもある! 2019年09月20日

クラミジアは治療薬で完治させることができ、マクロライド系の抗生物質のアジスロマイシンが有効です。クラミジア治療ではアジスロマイシンを有効成分とするジスロマックという薬が第一選択薬で、約9割が完治します。ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分としたマクロライド系抗生物質の先発品です。1回の服用で1...

細菌感染症に強い有効性を誇るミノマイシン 2019年11月08日

現在はクラミジアの治療薬としてジスロマック(アジスロマイシン)が使用されますが、昔はミノマイシンという薬(内服薬)が使用されていました。ミノマイシンには主成分としてテトラサイクリン系抗菌剤のミノサイクリン塩酸塩が使用されていて、強力な抗菌作用を持つ抗生物質です。ミノマイシンの抗菌作用は強く、皮膚科・...

実はビブラマイシンでニキビ治療もできる! 2019年11月24日

クラミジア治療の際にマクロライド系抗生物質が使用されますが、テトラサイクリン系抗生物質でも治療をすることができます。塩酸ドキシサイクリンはテトラサイクリン系抗生物質のひとつで、ビブラマイシンという薬の有効成分に使用されています。塩酸ドキシサイクリンは多くの種類の細菌に対して殺菌効果を持ち、性器クラミ...

クラビットとレボクインは淋病も治せるって知ってた? 2019年10月20日

淋病もクラミジアと同じように性行為によって感染する性病で、病原菌が泌尿器や生殖器に感染して炎症を起こす病気です。淋病はクラミジアと感染経路がよく似ていることから、クラミジアと併発をすることが少なくありません。ジスロマックはクラミジアに対して高い治療効果を発揮しますが、淋病に対する効果は期待できません...